観光案内

◆ つくばスカイホテルの周辺マップ

つくばスカイホテルの周辺のご案内です・
徒歩圏内に飲食店、ショッピングモール、釣り具屋、コンビニなど多くの店舗がございます。
左の地図をクリックして下さい、拡大表示されます。

※この地図はホテルフロントにもご用意しておりますのでご自由にお持ちください。
 

◆ つくば駅周辺のグルメマップ

TXつくば駅(バスターミナル)はつくばスカイホテルから徒歩15分。
駅周辺にはカフェ、レストラン、居酒屋など多くの飲食店があり、子供から大人まで楽しむ事ができますよ。

16:30~21:00の間はホテルからの無料送迎を行っておりますので、チェックイン後お食事やショッピングにお出かけの際には是非ご利用下さい。

左の地図をクリックすると拡大表示されます。
上が日本語、下が英語の地図です。

※地図は2018年10月現在の情報です。

つくば駅周辺のショッピングガイド

つくば駅周辺には多くの商業施設があり色々なお店があります。
ファッションから雑貨まで様々なお店を覗くのも楽しいものです。

16:30~21:00の間はホテルからの無料送迎を行っておりますので、駅前探索をお楽しみください。

左の地図をクリックすると拡大表示されます。
上が日本語、下が英語の地図です。

※2018年10月現在の情報です。

常磐高速のSA、PAのご紹介

車でつくばスカイホテルにお越し頂くのには「常磐高速」か「圏央道」が便利です。
それぞれ「桜・土浦IC」「つくば中央IC」が最寄りのインターチェンジになります。

最近高速道路と言えばサービスエリア、パーキングエリア。
テレビでも番組になる程、多機能でテーマパークの様な楽しさ。

東京方面から見ると、最初で最後なのが「守谷SA」。
上下線共2013~2015年迄リニューアル工事を行い、2015年7月1日に「Pasar守谷」としてグランドオープンしました。
下り側には東京のお土産が、上り側には茨城県や福島県のお土産が沢山用意されていて、お土産を買い忘れた方々への強い味方になっています。

また水戸方面から見るとSAは「友部SA」、PAは圏央道に入る方には「谷田部東PA」が、「桜・土浦」で降りる方には「千代田PA」がそれぞれ最後で最初になります。

つくばスカイホテルにお越しの際には高速道路のSAでB級グルメを楽しんでみては如何でしょうか。

LALAガーデンつくば

当ホテルの道を挟んだ向かい側にある「三井ショッピングパーク LALAガーデン」は71店舗の郊外型ショッピングセンターです。
ファッション、日用雑貨、100均、スーパーマーケット、薬局、アウトドア、TSUTAYA、カフェ、レストラン等のお店が揃っています。
特にスーパーマーケットは24:00迄やっているので、遅くに到着してもお買い物ができます。
スタッフも休憩時間や仕事の前後に良く行きます。

カフェが2店ありますが、「KEY'S CAFE」さんは「氷温熟成珈琲」をネルドリップにこだわったお店で、スイーツもとても充実しています。
ここはコーヒー大手のキーコーヒーさんが運営しているカジュアルな感じのお店です。
茨城県ではここにしかありません。

もう一店は「SAZA COFFEE」さんで、茨城県に本社がありコロンビアに自社農園を持ち、日本でもトップクラスのバリスタが高品質のコーヒーをお出ししています。
スタッフのお勧めは「キッシュ」と「コーヒー豆チョコ」。

※詳しくはこちらをご覧ください。
青木屋さんの雲上の湯

つくばには温泉もありますよ!

旅行の楽しみの一つにその土地の温泉に入る事があるのではないでしょうか。
つくば市内には9か所の温泉があり、その内3つは日帰り専用の温泉です。

つくばスカイホテルから1番近いのは2018年4月に新規オープンした「つくば温泉 喜楽里別邸」で車で5分で行けます。
実はスタッフも仕事帰りにゆっくり温泉を楽しんでいます。
特にお勧めは炭酸泉。

2番目が「つくばYOUワールド」で車で15分位で行けます。
ここは複合施設でシネコンやボーリング、ゲームセンター、ボルダリング(ウォールクライミング)なども楽しめます。

もう一つは筑波山の山腹にある「温泉センターつくば湯」。
山の斜面にあり自然の中での露天風呂は気持ち良いですよ。
昭和なレトロな感じがたまりません。

それ以外は宿泊施設で日帰り入浴ができるのが「筑波山ホテル青木屋」「筑波温泉ホテル」「筑波山京成ホテル」「筑波山江戸屋」の4施設。

筑波山へ寄った際には一汗流してみては如何ですか?
ちなみにPH7.2~10.25と中性から弱アルカリとお肌に優しい泉質です。

炭火焼肉 平城苑

つくばスカイホテルの敷地内にある「炭火焼肉 平城苑」さんのご紹介

ホテルの玄関から歩いて30秒。
本当に美味しい焼肉を食べたい方にお勧めです。
毎月29日は「にくの日」イベントで素敵な特典がありますよ。
尚、29日は混むので事前予約をお勧めします。

ホテルのスタッフもお気に入りのお店ですよ。

炭火焼肉 平城苑さんのHPはこちらをクリックして下さい。

ラ メゾン ド カンパーニュ

つくばスカイホテルから歩いて10分位の所にある ラ メゾン ド カンパーニュさん。

ここのお勧めはなんと言ってもオーガニックワインと焼き菓子。
そして数種類のキッシュ。

店内でも飲食ができ、特にランチの「キッシュと塩味パウンドケーキのお皿」
はヘルシーでなおかつ美味しくお腹も満足で当ホテルのスタッフも自信を持ってお勧め致します。

ティータイムにはスイーツとコーヒーを楽しむ事もできます。

詳しくはこちらをご覧ください。

古民家カフェ 珈琲屋 まめは

つくば市内にはいくつかの古民家を改装して営業しているお店があります。
今回はそんなお店の一つをご紹介いたします。

ホテルの目の前の道を土浦方面に向かって10~15分位走った所に「ルーラル吉瀬」というオートキャンプの他、色々な体験ができる施設があり、その一角に「珈琲屋 まめは」はあります。
古民家を改装したこのお店はマスターのこだわったスペシャリティクラスの質の高い豆のみを仕入れ、丁寧に入れたコーヒーと和菓子のコラボが素敵なカフェです。
小さなお店ですが静かに、ゆっくり、そしてゆったりと過ごせる空間になっています。
窓から入る木漏れ日が柔らかく目の前の木々を眺めつつ本を読んだり、ボーっとする時間がとても贅沢です。
スタッフも夜勤明けに時々おじゃましてホッとする時間を楽しんでいます。

※詳しくはこちらをご覧ください。

特盛パフェはいかが

つくば市内で古くから地元で愛され続けている、レストラン・カフェの「ウエストハウス」。

ここの特盛メニューが大食い番組でも度々紹介されている「ビックリ サンダーマウンテン」というパフェ。
高さ60cm、重さ3Kgという巨大なパフェはこれだけで約10人前。
インスタ映え間違いなしの一品。

旬の果物をふんだんに使ったパフェのお味は間違いありません。
普段はグループでシェアして食べているそうです。

お値段は3,000円ですが、10人でシェアすれば一人当たり300円と超リーズナブルですよ。

つくばスカイホテルからは車で10~15分位です。

場所:  つくば市二ノ宮2-14-12
電話:  029-851-9211
時間:  平日11時00分~23時00分 土日祝日11時00分~22時30分

※研究学園店、神立店でも提供しています。

みずほの村市場

つくばスカイホテルから車で10分位の所にある「みずほの村市場」は農産物の直売所として1990年にオープンしました。
農業経営者の方々が集まって安心して食べられる本物の農産物を提供する事を旨として運営されています。
最近は農産物の質の高さから地元の方々だけでなく県外からもわざわざ買いに来るという評判の直売所です。

そしてスタッフが絶対にお勧めなのが同じ敷地内にある「蕎舎/そばや」と言うお蕎麦屋さん。
茨城県のブランド蕎麦「常陸秋そば」だけを使い、全て国産の無添加原材料で仕立てた蕎麦は絶品です。
蕎麦も水車を使った石臼で挽いています。
水車使うメリットは石臼を冷却できるため粉に熱が加わらず品質が低下しない事なんです。
モーターで回す石臼はどうしても摩擦熱で粉の質が低下してしまいます。

この水車を作った方はとても有名な大工さんで、つくば市のお隣の石岡市に在住されています。
確か2002年だったと記憶していますが、TOKIOさんの「ザ!鉄腕!DASH!!」で水車を作る企画があり、放送ではお約束通り水車が受けから外れ転がって行くという仕込みシーンがあったのを覚えていますか。
みずほの村市場の水車を作った大工さんが、TOKIOさんの番組から依頼を受けてあの水車も作っていたのです。
実はこれまでに大小かなりの数の水車を作られているんですよ。

でもテレビ局のリサーチ力って本当に凄いです。
地方のしかも当時は小さな町(旧八郷町)の地元の大工さんの業績をちゃんと調べて制作の依頼を出しているのですから。

ラーメンが熱い

つくば市は「パンの街」ということで地域興しをやっていますが、実は「ラーメンの街」でもあります。
ラーメン専門店が100軒以上、ラーメンをメニューに入れている飲食店は約150軒もあります。
「喜多方ラーメン」のような一定の様式が決まった「つくばラーメン」の様なものはありませんが、個人店、チェーン店がそれぞれ独自の味を出しています。
毎年秋に行われる「ラーメンフェスティバル」は3日間で10万人を集める、北関東で最大のラーメンフェスです。
そんなラーメンの街に相応しいガイドブックが「つくばラーメン激戦区VOL.3 2017年度版」です。
ラーメン専門店のうち40店舗を紹介しています。

※こちらで電子ガイドブックがご覧になれます。

あみ プレミアムアウトレット

最近は全国に大型のアウトレットが作られていますが、つくばスカイホテルから車で15~20分の所に「あみ プレミアムアウトレット」があります。
圏央道「阿見東」インターの出口に直結しているので交通の便は最高です。
料金場を出てそのまま駐車場に入ることができますよ。

アメリカの西海岸をイメージしたポップな感じの施設に116店舗が入っています。
ファッションから家庭雑貨まで多種多様なお店があり1日いても飽きません。
フードコートも充実していてお腹も満足です。
サーティーワン・アイスクリームにはここだけでしか売っていない商品もあるんですよ。

ホテルスタッフも休みの日に出かけています。

住所:  茨城県稲敷郡阿見町よしわら4-1-1
時間:  10:00~20:00

※詳しくはこちらをご覧ください。

筑波ハム

当ホテルから車で15分位の所にある筑波ハムさんは元々養豚をされていて、抗生物質を使わない健康な豚肉を提供していた業者さんです。
原材料が見える製品作りを目指して「つくば豚」という新しいブランド豚を作り出しました。
これはつくばと言う最先端の研究施設が集まった地域なので作れた豚で、遺伝子レベルで優秀な豚を探し交配させ、飼料にも細心の注意を払った物を生育に合わせて与えています。
そんな健康で美味しい遺伝子を持った豚で作られたのが、ハム、ソーセージ、ベーコン、焼き豚等の製品です。
これまでは色見や食中毒防止のために最低限の添加物を使用していましたが、現在は添加物を全く使用していないハムも販売されています。
ボイルしたソーセージとキンキンに冷えたビールは最高のマリアージュ。
また乳製品も充実しています。

レストランでは本当に美味しい豚肉料理が楽しめますよ。
スタッフお勧めです。

つくばのお土産に如何ですか。

住所:  つくば市下平塚383
電話:  
029-856-1953
営業:  ショップ  10:00~18:00
     レストラン 11:00~21:00
定休日: 火曜日(祝日は除く)

※詳しくはこちらをご覧ください。

筑波山の湧水

筑波山には数多くの湧水ポイントがあり、水の味が美味しいことで知られています。
その理由ですが、筑波山の山頂付近はブナ林で、中腹からは落葉広葉樹、アカマツ、照葉樹などの混合林が山全体を覆い茂っています。
そしてその落葉が分厚く堆積して腐食質層を形成し多量の水分を含むことができます。
その水分が1滴ずつ筑波山の花崗岩、崩落レキ層(直径2mm以上の岩石の層)を地下水脈として長い時間をかけて通過し濾過され、花崗岩の花崗岩のミネラルぶんが溶け込み麓で湧き出してきます。
筑波山の地下水脈は時には山腹で湧き出し沢となり、また地中に吸い込まれながら複雑な過程を経て湧水となっています。

その美味しい水を使って作られているのが、つくば北条米であったり、稲葉酒造さんのお酒であったりします。

稲葉酒造さんはこの湧水で江戸時代からお酒を作っています。
容器を持っていくとお水を汲ませてもらえますよ。

筑波山の湧水 その2

今、筑波山の新しいパワースポットとして注目されているのが男女川の源流。
男体山と女体山の間にある御幸ヶ原の女体山側にあり、その側には「紫峰杉」があります。
この杉は樹齢約800年で、高さが約40m、周囲が約7mの巨木で圧倒的な存在感があり、側に寄るだけで明らかにパワーを放出しているのを感じます。
この紫峰杉と男女川は小倉百人一首にも詠まれているほど歴史があり有名なんですよ。

県内屈指のパワースポットで気を充電しませんか。

紫峰

筑波山は雅名で「紫峰/しほう」と呼ばれています。
これは筑波山が夕日に映し出されると紫色に浮かび上がることからそう呼ばれるようになりました。
ホテルの北側の全部屋からは筑波山を一望することができますので、お天気の良い日に紫色に染まる美しい筑波山を是非ご覧ください。

さて和食のお店で「醤油」の事を「むらさき」と隠語で呼ぶのを聞いたことがあると思います。
この「むらさき」の語源は筑波山の「紫峰」から来ていると言う説もあります。
実はつくば市のお隣の土浦市は昔、千葉県の野田、銚子と共に醤油の産地だったんです。
勿論、土浦からも筑波山は望めますので「むらさき」なったとも言われています。
他には醤油は高価だったので色も似ているし高貴な色として「むらさき」と呼んだ説などがあります。

また、醤油メーカーのシンボルマークに「亀甲」が多く使われているのは、土浦城の堀が亀甲であることから地元の柴沼醤油(元禄元年/1688年創業)と言うメーカーが亀甲をマークに使ったことから広がったと言われています。
その醤油に品質が高く江戸で評判だったのでそれにあやかったのだそうです。
因みに「キッコーマン」さんの由来は違うようですが。
柴沼醤油さんは現在でも製造を続けていているので創業329年になります。
味のしっかりした強い醤油ですよ。

2018年 イルミネーション・ライトアップ情報

今年も冬の風物詩のイルミネーションやライトアップの季節になりました。
茨城県には多くのスポットがあるのでご紹介して参ります。

6年連続魅力度最下位の茨城県だからこそ混まずにゆっくり見られるのが逆魅力。

先ずは11月1日から始まった「袋田の滝」のライトアップ「2018大子来人 〜ダイゴライト〜」のご紹介。

日本三大瀑布の一つである袋田の滝。
ここで滝について情報を一つ。
滝は英語で「falls」或いは「waterfall」って学校で習ったと思いますが、実はもう一つ「cascade」と言うのがあります。
「falls」は華厳の滝の様に上から下に水がドーンと落ちる滝を指し、「cascade」はすべり台の様に壁に伝わって何段も落ちて来る滝を指します。
袋田の滝は後者の「cascade」と言うタイプの滝です。

さてこの袋田の滝が今年もライトアップの時期になりました。
今のこの時期は岩を滑り降りる飛沫が幻想的に浮かび上がり、真冬になって滝が氷結すれば氷の壁を照らし出します。
寒いからといって家に閉じこもらずに、今だけの幻想的な光景を見に来ませんか。

スタッフも先日見にいって来ました。
紅葉と滝のライトアップを見ることができました。
少しもやがかかっていて幻想的でしたよ。

期間:  2018年11月1日(木)〜2019年1月31日(木)
場所:  袋田の滝周辺  久慈郡大子町袋田3−19
時間:  11月 日没から午後8時  12・1月 日没から午後7時
料金:  大人300円  子供150円
 

もりやクリスマスファンタジー

つくばスカイホテルから車で40分程のTX守谷駅西口広場を中心に色々なイルミネーションが飾られています。
ペットボトルやひょうたんのランタンで「光の地上絵」を描いた作品は意見の価値がありますよ。
会場には模擬店も出店しているので暖かい飲み物を飲みながらゆっくり見て回れます。

会場:  TX守谷駅西口広場
期間:  2018年11月23日(金)~12月25日(火)
時間:  18:00~22:00

つくばエキスポセンター クリスマスイルミネーション

今年もつくばエキスポセンターのクリスマスイルミネーションが始まりました。

ここの特徴は建物の内側と外側で見る景色が変わる事です。
特に外からの眺めは写真にもありますが、建物の周りの池に反射して特に風が無い日には鏡の様な逆さイルミネーションが見られる事です。
世界最大級のプラネタリウムを楽しんだ後はイルミネーションを楽しみませんか。
ホテルからも徒歩20~30分で行けますよ。

会場:  つくばエキスポセンター つくば市吾妻2-9
期間:  2018年11月30日(金)~12月25日(日)
時間:  16:00~22:00 施設は9:50~17:00
料金:  無料(外から見る場合) 施設への入館は大人 820円  子供 410円
駐車場: 60台 普通車 200円
問合せ: 029-858-1100


 

愛しき稲しきイルミネーション2018

稲敷市は季節毎にいろいろなイベントをおこなっていて、冬はイルミネーションを楽しむ事ができます。

余りメジャーではありませんが、地元では隠れた穴場スポットで見ごたえ充分のイルミネーションなんですよ。

つくばスカイホテルからは圏央道で30分位の場所にあります。
「稲敷東IC」 から約13分、「稲敷IC」 から約16分

会場:  稲敷市新利根地区センター  稲敷市伊佐津3239-1
期間:  2018年11月22日(木)~2019年1月6日(日)
時間:  17:00~20:00

茨城県フラワーパーク イルミネーション

筑波山の麓にある茨城県フラワーパークで今年もイルミネーションが始まります。

年々洗練され、しかも今年はLED電球が100万球になって豪華さもより一層増しています。

この時期の秋バラのゴージャスな香りと合間って素敵な空間となっていますよ。

会場:  茨城県フラワーパーク 茨城県石岡市下青柳200
期間:  2018年11月15日(木)〜2019年1月14日(月/柷)
時間:  17:00〜21:00 開園16:30
休館日: 月曜日(12/25は臨時開園)
料金:  大人:700円 65歳以上:500円 小・中学性:250円
電話:  0299ー42ー4111

土浦ウィンターフェスティバル

JR常磐線土浦駅東口、西口広場から市役所にかけてのコンコースにかけて幻想的なイルミネーションが今年も冬の街を照らしています。
ライトアップされた駅周辺を楽しんでみませんか。

会場:  JR土浦駅前東口、西口広場、アルカスプラザ、モール滝跡地
期間:   2018年11月26日(月)~2019年1月31日(木)
時間:  17:00~23:00

ブリアントヴィルうしく

JR常磐線牛久駅周辺を彩るイルミネーション。
約11万球もの電球が夜の街を鮮やかに飾ります。
また夜中の1時まで点灯しているのもここの魅力です。
ちなみに、ブリアントヴィルとはフランス語で「輝きの街」という意味だそうです。

ここを見たら車で5分の「シャトーカミヤ」に足を延ばす事をお勧めいたします。
「シャトーカミヤ」は日本初の本格的ワイナリーで建物は国の指定重要文化財に認定されています。
現在はレストランとして営業しているので、歴史的建造物の中でのお食事は如何ですか。
こちらのイルミネーションもお勧めですよ。

会場:  JR常磐線牛久駅周辺
期間:  2018年12月1日(土)~2019年2月17日(日)
時間:  17:00~25:00

水郷桜イルミネーション

土浦市の霞ヶ浦総合運動公園で毎年行われているイルミネーションが今年も始まりました。

公園内で一際目立つオランダ風車を中心に幻想的な光景が楽しめます。
光のトンネルや土浦の名産のハスを模した水面のイルミネーションなどを楽しめます。
この期間はネイチャーセンターが開いているのでトイレの心配もありませんし、屋台も出店するので温かい飲み物もありますよ。

スタッフも毎年楽しんでいます。

会場:  霞ヶ浦総合運動公園  土浦市大岩田145
期間:  2018年11月17日(土)~2019年2月17日(日)
時間:  17:00~21:00
料金:  無料
駐車場: 170台(無料)

あみプレミアム・アウトレット ウィンターイルミネーション

インスタ映えするイルミネーションスポットとして最近注目されているのが、あみプレミアムアウトレットのイルミネーション。
特にハート型のオブジェをバックにした写真は大人気。
約24万球のシャンパンゴールドのLEDはストリート全体を華やかに照らしてくれます。

圏央道「阿見東IC」に直結しているので、ICを降りてそのまま駐車場に入ることができます。

会場:  あみプレミアムアウトレット  稲敷郡阿見町吉原4-1-1
期間:  2018年11月2日(金)~2019年2月20日(水)
時間:  日没~閉店まで

筑波山ロープウェイ スターダストクルージング

筑波山からの夜景が「日本夜景遺産」に登録されました。
筑波山山頂からはつくば・土浦市街をはじめ関東平野を一望でき、東京スカイツリー、東京タワー、遠く富士山も見る事ができます。

その筑波山の夜景を楽しむために、筑波山ロープウエイが夜間も運行致します。
ちょっと寒いですが、暖かくしてロンティックな夜を楽しみませんか。

期間:  2018年9月15日(土)~2019年2月24日(日) 間の土日祝日
     12/31・1/1は日中のみ、12/22~30迄は日中夜間の運行を致します。
時間:  9月~12月:17:00~21:00 1月~2月:17:00~20:00
料金:  大人:1,100円 子供:550円

※この期間はつくばセンターからシャトルバスも運行されますので電車で来ても大丈夫ですよ。
つくばセンター発16:30 つつじヶ丘着17:20
つつじヶ丘発19:10 つくばセンター着20:00

※スタッフ情報
クリスマス・バレンタイン期間には山頂でサプライズサービスがありますよ。

龍ケ崎市イルミネーション「ドリーム・ツリー」

このイルミネーションは他とはちょっと変わっていて、地元のボランティア団体や有志が集まって企画運営を行っているイベントなんです。
そのためイルミネーションだけでなく、地元のお店が模擬店を出しているので目にもお腹にも満足のイベントなんですよ。
竜ケ崎はコロッケの街として町興しをしていますが、色々なお店のコロッケを食べ比べてみるのも楽しいですよ。

会場:  JR常磐線佐貫駅
期間:  2018年11月3日(土)~2019年2月28日(木)
時間:  5:30~6:30  17:00~25:00

公道ゼグウェイツアー

つくば市は日本初の公道でのゼグウェイツアーを楽しむ事ができる都市です。

海外ではワシントンDC、サンフランシスコ、パリ、ローマ等1,000か所以上で実施されていますが、つくば市は「モビリティロボット実験特区」の認定を受けて日本で初めて公道でのゼグウェイツアーを行っています。
サイエンスシティTSUKUBAをセグウェイで散策してみませんか。

対象:    普通自動車免許証、普通自動二輪免許証の所持が必要です
集合場所:  つくばイノベーションプラザ

※詳しくはこちらからお入り下さい。

プラネタリウムは如何?

当ホテルから車で5~6分の所にある「つくばエキスポセンター」には世界最大級のプラネタリウムがあるんです。
1985年の「科学万博」の時に作られた施設で、当時は25.6mのドーム径は世界最大で投影恒星数も世界最多でした。
現在は最新型のデジタルプロジェクターを投入し、アメリカ自然史博物館とNASAが共同開発した全宇宙3次元地図データを組み込んだ事で、現在観測されている60億光年迄のおよそ150万個の銀河、120億光年迄の16万個のクエーサーを描画することが可能です。

プログラムも子供向け番組からオリジナルの番組迄、季節に合わせて上映しているので子供から大人迄楽しむ事ができます。
デートスポットにも最適ですよ。

※詳しくはこちらをご覧ください。

マンホールカードは如何

今巷でじわじわ人気のマンホールカード。
つくば市にも全国統一規格のマンホールカードがあります。
また平成29年4月より英語版のマンホールカードも提供を開始致しました。
その芸術性の高さから 世界で注目されている日本のマンホール。
平成29年4月3日現在、151自治体・170種が発行されています。

配布場所: つくば市役所1階 水道お客様センター
時間:   8:30~17:15 (土日可/祝日・年末年始を除く)
問合せ:  下水道管理課 029-883-1111(代表)

※配布に関しては電話・FAX・Eメール等での申し込みは受け付けていません。
 直接来庁して受け取って下さい。

筑波北条米

コシヒカリというと魚沼産コシヒカリが有名ですが、筑波北条米もとても美味しいですよ。
その味の良さから戦前は皇室献上米として全国に知られるお米になりました。
現在でもその味・品質の良さから日本穀物検定協会による食味ランキングでは魚沼産コシヒカリと同じ「特A」を獲得しています。
特に冷めても美味しい、甘みがあると評価されています。

北条米が美味しい理由の一つは何と言っても筑波山の花崗岩から湧き出るミネラル豊富な水が旨味となっています。
これは米だけでなくこの地区の野菜も甘みが強いことが地元では知られています。
また地勢的に収穫前の時期に昼と夜の温度差が大きくなる事も一因となっています。
そのため北条米のブランドを名乗れるのは、筑波山の麓を流れる桜川の東側の水田(小田、北条、田井、筑波)地区の約26haのみで採れたお米約3,800tだけなんです。
同じ水、苗で育ててもこれ以外の水田で採れたお米は北条米を名乗れません。

現在この地域限定の北条米ブランドは「筑波北条米」と「小田北条米」の2つが認められています。
購入は「JAつくば市」のサイトから可能です。

※ご購入はこちらからお入りください。

また北条米から作ったアイスクリーム「北条米スクリーム」も美味しいですよ。

茨城県のお酒 その1

茨城県には日本酒の酒蔵が関東では最も多い46蔵あります。
水系が5つありそれぞれ特徴のある日本酒を作っていて、品質も世界トップクラスの美味しいお酒を作っています。
世界1おいしい日本酒を決める品評会の「SAKE COMPETITION 2016」では、5部門中「純米大吟醸」部門と「Super Premium」部門で世界1に、「吟醸」部門で2位に輝いています。
今回が5回目となり世界から416蔵・1,483点の出品があり、ブラインドテイスティングで勝敗を決めています。

茨城県は日本酒以外にも焼酎数社、ワインが2社、地ビールが4社、大手ビールメーカーが2社あり、ビールの生産量は日本1なんです。
そんな飲んべいにうれしい茨城県ですが、つくば市内にも2軒の造り酒屋さんがあります。

今回ご紹介するのは、筑波山神社のお神酒を作っている筑波山の麓にある「稲葉酒造」さん。
この酒蔵の代表的な銘柄が「男女川/みなのがわ」と「すてら」。

男女川は生酒、火入酒、無濾過原酒など色々なタイプのお酒がありますが、特にお勧めなのが圧をかけないで袋から1滴1滴集める「純米大吟醸 雫酒」。

すてらは毎年7樽しか作らず、しかもブレンドしないので樽毎に違う味が楽しめるのです。(ラベルに樽番号が入っています)
六代目蔵元杜氏の稲葉伸子さんが全て手作りで手間暇かけたお酒はとてもフルーティーで美味しいですよ。

また予約が必要ですが、ここのランチは絶品です。
お料理と一緒に3種類の利酒や仕込み水で入れたコーヒーや紅茶が楽しめます。
ホテルスタッフもお気に入りのランチです。

筑波山に行かれた際にはちょっと寄り道してみては如何ですか?

※詳しくはこちらをご覧ください。

世界一の日本酒

今回ご紹介するのはアヤメで有名な潮来市にある愛友酒造さん。
鹿島神宮のお神酒を収めている酒蔵さんです。

上の写真は「SAKE COMPETITION 2016」の「純米大吟醸」部門で世界一に輝いたお酒です。
下の写真は「International・Wain・Challenge 2016」の「SAKE」部門・「大吟醸」の部で「トロフィ」を獲得するなど、世界が認めた美味しい日本酒を作っている酒蔵さんです。
2016年産の物はもう売り切れていて手に入りませんが、2017年産の物は6月上旬頃から販売の予定ですので、潮来のアヤメを愛でつつ購入されてみては如何ですか。
酒蔵では試飲もできますので、きっとお気に入りのお酒が見つかると思います。

この他にも元日から2週間と、「潮来アヤメ祭り」の期間中の年に2回だけ発売される樽酒もお勧めですよ。
樽の木の香りが清々しく、グビグビといけてしまいます。

※IWCの順位は「トロフィ・ゴールド・シルバー・ブロンズ」となります。

世界が認めた日本酒

今回ご紹介するのは「International・Wain・Challenge 2016」の「SAKE」部門・「純米大吟醸」の部で「トロフィ」を獲得した萩原酒造さんの「徳正宗」です。
かなりしっかりしたお酒で、ワインで言うフルボディタイプです。
ですから食事をしながら飲むというよりも、このお酒をメインに肴を選ぶという飲み方が合っているように思います。
受賞の事を知らずに酒蔵さんに伺って、幸運にも残っていた最後の1本をゲットできました。


※ボトルネックに「TORPHY」のロゴの入ったシールが貼られています。
 

コシヒカリの純米大吟醸

酒米として直ぐに思い浮かぶのは「山田錦」「五百万石」「美山錦」「出羽燦々」「雄町」の5つではないでしょうか。
コシヒカリはこれらの酒米より硬いので磨いていく段階で割れやすく雑味が出てしまうのでお酒を作るお米としてはあまり使われません。
それを敢えてチャレンジして作ったのが「YASATO CRSTAL」。
地元石岡市八郷地区のコシヒカリを丁寧に磨いて純米大吟醸に仕立てました。
日本酒かと思う程フルーティーで、まるでパイナップルの様な甘い香りにびっくりです。
味は雑味を全く感じる事無く、すっきりと切れの良い味わいになっています。
年間720㎖を1400本程度しか作らないので、直ぐに売り切れてしまいますが一飲の価値はありますよ。
今年の新作が待ち遠しいです。

これを作ったのが石岡市内にある白菊酒造さん。
ここのお勧めは「白菊純米吟醸60」と「白菊大吟醸」。

5月1日現在、JAやさと柿岡直販所で今年の新酒を販売しています。
勿論購入してきました。

写真の酒瓶に見覚えがありませんか

実は大相撲3月場所で優勝した、横綱稀勢の里関の優勝祝賀会において大杯で祝杯をあげたお酒なんです。
TVにバッチリ映っていましたよ。

横綱稀勢の里関はつくば市の隣りの牛久市・竜ケ崎市で幼少時代を過ごされ当ホテルともご縁があるのですが、今回のこのお酒は残念ながら茨城県のお酒ではありませんでした。
茨城県のお隣の福島県二本松市にある「大七酒造」さんのお酒。
このお酒は生酒で香り豊かでふくよかなんですがすっきりした味わいのチーズなんかに良く合うお酒です。
大七酒造さんの蔵に元々住み着いている何とか言う乳酸菌とチーズの乳酸菌の相性がとても良いのだそうです。

大七酒造さんのお酒は、現在の日本酒全体の約2%しか採用されていない、「生酛造り」という日本酒古来の製法にこだわったお酒造りをしています。
その品質の高さから、2008年の洞爺湖サミットのファーストレディ晩餐会の乾杯酒に選ばれたり、2015年のIMF/国際通貨基金の総会での乾杯酒に採用されたりと、日本国内だけでなく海外からも高い評価を受けいます。

下の写真は、高野山が2015年に開創1200年の式典である大法会での献上酒として、高野山から依頼されて特別に造ったお酒です。
このお酒は実に5年もの歳月をかけて造られ、仕込み水も高野山の湧水を汲んでわざわざ福島県まで運んだりと、時間と手間をかけた最高のお酒です。
その後、開創1200年にちなんで、1,200本が市販された内の1本です。
720㎖で25,000円とちょっとお高いのと、もう手に入らないのでグビグビ飲む事ができない小市民ですが、特別な日に抜栓をして楽しみたいお酒です。
春の小貝川

茨城県はビールが美味い

茨城県はビールの生産量が日本一の理由は大手ビールメーカーであるキリンが取手市、アサヒビールが守谷市に工場を持っているからです。
そしてこの2つのメーカーが使っている水が、9・10の記憶が残る小貝川の水なんです。
アサヒビールの工場の直ぐ裏には鬼怒川が流れているのですが、わざわざ地下にパイプを埋設して水を引いてきています。
多分ビール作りに適した美味しい水なんだと思います。
両メーカーとも工場見学を行っていて、出来立てのビールを試飲する事ができますよ。
両工場共につくばスカイホテルから車で45~60分位です。

※キリンビールの工場見学はこちらからお入りください。

※アサヒビールの工場見学はこちらからお入りください。

大子の地ビール

茨城県はビールの生産量が日本一です。
地ビールも4社で作られていいますが、今回ご紹介するのは「大子ブルワリー」の「
八溝森のビール」です。

大子と言えば日本三名爆の一つ「袋田の滝」がある町です。
そんな自然豊かな環境で作られているのがこのビール。
3タイプのビールを作っていて、左からヘルス、ピルスナー、ヴァイツェン。
かなりしっかりした味で、非常にこくがあるビールです。
生産量が少ないため自社が経営しているレストランの売店や、道の駅久慈だいごなど町内の限られたお店でしか手に入りませんが、楽天市場、amazonで購入できますので「
八溝森のビール」で検索して下さい。
袋田の滝を見に行った時には是非お試しください。
つくばスカイホテルからは約2時間位でしょうか。

下妻市のビール

つくば市のお隣の下妻市にある「ビアスパークしもつま」と言う、温泉、ホテル、レストラン等の複合施設の中にある「しもつまブルワリー」で作られています。
本場ドイツの製法を導入して少量ですが、質の高いビールを作っています。

3種類のビールを製造販売しています。
・写真の左側は「レッドエール」でコクと苦みが特徴的で黒ビールがお好きな方にはたまりません。
・真ん中は「ホワイトヴァイツェン」でバナナの様な華やかな香りとすっきとした飲み口が特徴的です。
・右側は「ゴールデンピルスナー」でレモンの様なフルーティーな香りと苦みが特徴的なビールです。

3本共しっかりした味なので、食事のついでに飲むというより、ビールに合させて肴を選ぶ飲み方がお勧めです。
因みに、たれの焼き鳥、メンチ、カツオのたたき等が合うようです。

牛久のビール

こちらもつくば市のお隣の牛久市のシャトーカミヤで作られているビール。
名前からもお分かり頂けるようにここは元々ワインを作っていましたが、現在はビールも作っています。
実はここは日本で最初の本格的なワイナリーで建物は国の重要文化財に指定されています。

このブルワリーではレギュラーの3種類のオールモルトビール他に季節毎のビールも数種類、2017年7月現在は5種類のビールが販売されています。
・左側は「ヘレス」は苦みを抑えたすっきりした味わいが特徴です。
・真ん中は「デュンケル」通称「黒ビール」と呼ばれている香り豊かなビールです。
・右側は「ピルスナー」で、ドイツ産のホップを使った苦みとホップの香りが特徴のビールです。
この「ヘレス」は「ワールド・ビア・アワード2016」において「ワールドベスト・ヘレス」に選ばれています。
また「IPL/インディア・ペール・ラガー」も「ワールドベスト・ゴールデン」に選ばれています。

携帯サイトからもご予約が可能です。上記の二次元コードを読み取りアクセスができます。